自動車優良部品推奨制度に基づき、JAPAから推奨を受けた補修部品は約200品目にのぼる。
 各部品メーカーによる推奨製品へのこだわりと、品質維持のための取り組みを紹介する。

img

 車両用ランプ、用品、回転灯の製造販売を行うエスワイエス。

 アフターマーケットには、「SYS」ブランドとして大型車用テールランプや建機・産業車両などのワーキングランプ類、トラック架装部品などを展開。補修市場向け自動車用ランプの分野では、デザイン・設計から製造・認証取得まで行う唯一のメーカーだ。

 同社製品はボデーメーカー、建機メーカーなどにも純正採用されており、乗用車以上に厳しい使用環境に対応する耐久性や品質が求められるこれら製品の製造開発で培った技術やノウハウが、補修市場向け製品にも投入されている。


◆事故による交換部品として、突然の需要にも対応

 同社製品は全て国内2工場で一貫生産。製品の市場投入前には、社内に保有する試験設備において、耐熱・振動・衝撃・耐水・耐塵など様々な検査を行い、高品質な製品を市場に供給している。

 自動車用ランプは破損しなければ10年ほど使用できるが、一方で車の外部に装着されていることから、接触等の事故による破損が多い。

 補修市場での自動車用ランプは、定期交換部品ではなく事故による交換部品としての位置づけで、交換サイクルに左右されない反面、需要予測が立てにくいことも特徴。

 不測の事態で大きな需要が発生する可能性もあることから、いつ需要が発生してもすぐに対応できる品揃えや欠品のない在庫体制が求められる。

 同社は約1000品番をラインアップ。さらに年間10~20品番を新たに追加するとともに、在庫についても欠品が発生しないよう体制を整えている。また、補修市場向け製品については、返品や交換の際に再販しやすいようホチキスやテープを使用しない梱包に変更するなど、純正品とは異なる補修市場ならではの配慮もなされている。

img

img



◆材質によるレンズの耐久性の違いを市場へ周知

 現在同社が力を入れているのが、補修用自動車用ランプの品質に関する周知活動。

 純正採用の自動車用ランプは、レンズの材質にアクリルを使用しているが、補修市場向け製品については、材料価格が約3分の1から4分の1と低価格なスチロール製のレンズを使用したランプも流通している。

 アクリル製とスチロール製のレンズは、新品のうちは外見上見分けがつきにくいが、品質、特に耐候性に大きな違いがある。

 アクリル製レンズは約10年使用しても劣化しないのに対し、スチロール製レンズは約半年ほどでランプの色が褪せたり黒ずんだりする「色抜け」という現象が発生しやすい。この現象は経年劣化によるもので、車に装着せず在庫品として倉庫内に保管しているだけでも発生することがある。

 このためスチロール製レンズは純正品ではリコール対象となるが、補修市場では低価格の製品を求めるニーズにも応えざるを得ないという事情もあり、異なる材質のレンズを使用したランプが市場に混在しているのが現状だ。

 同社は、自社製品については補修市場向けも全てアクリル製レンズを採用。純正品と同等の品質としているが、自動車用ランプにおけるこうした事情が部品商や整備工場等にあまり認知されておらず、レンズの材質の違いや価格の差が品質に直結することなどを知らない部品商も依然として多い。

 このため同社では、部品商への訪問や各種勉強会の場などを通じて、こうした材質の違いによる品質の差を説明し、高品質な製品を選ぶよう呼びかけている。さらに自動車用ランプに関する正しい情報を広く周知させることで、補修部品全体の信頼性向上にまでつなげることを今後の課題としている。


会社概要

img

株式会社エスワイエス

〈代表者〉鈴木和夫

〈本社〉東京都板橋区宮本町49-2

〈東京工場〉東京都板橋区宮本町46-10

〈前橋工場〉群馬県前橋市総社町桜ケ丘1037-49

〈URL〉http://www.sys-lighting.co.jp/



過去の掲載内容はこちら

一般社団法人日本自動車部品協会 JAPA